ハルート オルタネイティブ

総員傾注!これよりレーザーヤークトを開始する!

ガンダムAGE 49話 最終回 感想

ガンダムAGE・・・終わってしまったのか・・・・(挨拶)

今までありがとう!!一年間楽しませてもらったよ!!
ちなみにハワイに行く前に後半を生で見ましたけどねww
昨日全部見たので「これで全部終わっちまったのか」という悲しい気分でいます。


ウェイガンは指揮官のゼハードを失ったことで混乱状態へ。そこで最強のXラウンダーのゼラ・ギーンスとそのMS「ウェイガンギア」を出撃させることに。そしてガンダムたちに苦戦を強いる。


しかし、ウェイガンギアは突如現れたシドにより機体を取り込まれてしまう。
そして「ウェイガンギア・シド」と化し、制御不能状態に。

その暴走により、発射準備に入っていたラ・グラミスのビーム砲に異常が発生。このままではセカンド・ムーンが崩壊する事態になってしまう。


その隙をねらい、フリット・アスノは最強の兵器「プラズマダイバーミサイル」を使ってウェイガンを殲滅しようとする。


しかし、キオがそれを制止し、命を懸けてとめようとする。
そしてフリットに「そんなのは救世主じゃない!」と叱るのである。

物思いにふけ、少年時代を思い出すフリット。


フリットはウェイガンの民が苦しんでいることを理解しているものの、ユリンや母親などを失った憎悪をどうすれば良いのか悩んでいた。

そこにユリンが現れ、フリットに声をかける。


ありがとう・・・優しいフリット・・・・でももう良いんだよ・・・

良いんだよ・・・許してあげて・・・みんなを・・・そしてあなた自身を・・・

フリット・・・長い旅だったな。

おまえはマジですげえ奴だ。もういいんじゃないか?

昔の仲間たち、そして母親まで登場しフリットは慰められる。

眼鏡男の独り言

ジオターゲティング